読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kegamin’s diary

勉強記録

Evernoteに一括でPDFを登録する

MacのEvernoteに、一括で複数のPDFをバッチ登録できないかと調べたら、Evernote Import Folderというaction scriptを使ってできる事がわかったのでメモ

※仕組み上PDFだけではなく、どんなファイルでもOKなず

一括登録手順

最終的に、以下のような@evernoteなフォルダを作成し、そこにファイルを放り込むと自動的にEvernoteへ登録されるようになります。(後述するが、もちろんタグ付与も自動的にやってくれる)

macで@evernoteフォルダを作成する

スクリプトのダウンロード

Evernoteへの登録自体は、Evernote Folder Actionというツールを使います。

veritrope.com

download folder action filesをクリックする をクリックして、最新版のEvernote Folder Actionスクリプトをダウンロードします

スクリプトの微修正

設定無しで使うと、放り込む度にタグを指定するポップアップがでてしまうので、ダウンロードしたファイル中のEvernote Folder Action.scptをダブルクリックでオープンします。

すると以下のようにスクリプトエディタが表示されるので、必要な箇所で修正していきます。

evernote folder action.scpt

# ファイルの度にポップアップを出してタグを指定したい場合はON
# 自動登録したい場合はOFF. この場合指定タグはEVTagに設定する
property tagging_Switch : "OFF"

# 上記がONの時、デフォルトで表示するタグをここで指定
property defaultTag : "@Evernote"

# タグの区切り文字を指定。まぁ基本は","でいいと思う
property theDelims : {","}

# 登録後に入れたファイルを削除するかどうか。ONだと登録後決してくれる
property delete_Files : "ON"

# Tagging_Switch:"ON"の状態の時に、自動的に設定するノートブックとタグを指定する
property EVnotebook : "ノートブック名"
property EVTag : {"タグ1", "タグ2"}

スクリプトを登録する

Action Scriptは所定の場所に置かないとダメなので、以下のコマンドを実行して/Library/Scripts/Folder Action Script配下にファイルをコピーする

$ sudo cp $HOME/Downloads/Evernote_Folder_Action_Files_JP/Evernote Evernote\ Folder\ Action.scpt /Library/Scripts/Folder\ Action\ Script

フォルダアクションを設定する

フォルダアクション設定画面を表示させる

デスクトップ等に@evernoteというファイル名で作成し(名前は任意)、右クリックからフォルダアクション設定…を指定する

フォルダアクションを設定する

以下のような画面が表示されればOK

フォルダアクション設定画面

スクリプトを関連づける

左の@evernoteを選択肢、右側の+を押下して以下の画面を表示. スクリプト選択画面中のEvernote Folder Action.scptを選択したら、添付を押下する

Evernote Folder Action.scptを選択する

以下のように表示されたらOK

フォルダアクション設定完了画面

確認

適当にファイルを@evernoterにドラッグ&ドロップして問題なければOK

【スポンサーリンク】